オフィシャルブログ

自律神経について

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

 

緊張して呼吸が浅くなる。お風呂に入って息を吐く。お腹の調子が悪くなる。
など、日々の生活で呼吸や体調に関して起こるさまざまなこと。これらには、自律神経の働きが深く関わってきます。

自律神経とは?
自律神経は生活する上で必要となる循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のように自分でコントロールできない機能の制御を行います。

自律神経には活動している時、緊張している時、ストレスがあるときなどに働く「交感神経」と、休息している時、睡眠している時、リラックスのときなどに働く「副交感神経」の2つがあります。

この2つの神経は日々シーソーのように交互に優位になるよう働きます。
例えば、「交感神経」の優位な状態が続くと「副交換神経」の働きは弱くなります。

交感神経と副交感神経の違い

つまり、「交感神経」が優位になると血圧が上昇する、胃腸の働きが弱くなり呼吸が浅くなるといったことが起こり、逆に「副交感神経」が優位となると血圧が下降する、胃腸の働きが活発になり呼吸が深くなるといったことが起こります。

 

「交換神経」が優位な状態が続くと?!
日々の生活で「交感神経」及び「副交感神経」のどちらかが一時的に優位になることがありますが、いづれかが優位な状態がずっと続くと身体に様々な影響が出てきます。

例えば交感神経が優位な状態が続くと・・・

血管が縮んだ状態となる。
⇒体に栄養・酸素・体温が全身に行き渡らない。
⇒疲労物質や老廃物が排出されにくくなる。
⇒疲労が抜けず、疲れや不調を抱える。
⇒身体の不調自体がストレスとなり、さらに交感神経が優位になる。

という悪循環に陥ります。

 

「交感神経」が優位になる原因は?
「交感神経」が優位になる原因は人間関係、パソコン、不規則な食生活、食品添加物、睡眠不足、テレビ、ゲーム、蛍光灯の光など様々なストレスです。

そこで、「副交感神経」の働きを優位にするには、緊張を取ることが大事になります。具体的な方法としては入浴や深呼吸、美味しい食事そして、凝り固まった筋肉をほぐし血行を良くすることなどあります。もちろん、当院で行っているカイロプラクティックを行うことで筋肉も緩ませることができます。

筋肉が緩むことで血行がよくなり

⇒疲労物質や老廃物が排出されやすくなり
⇒身体に栄養・酸素・体温が全身に行き渡る
⇒身体の疲労が取れる

という循環が起こり副交感神経を優位に働きかけることができます。

 

寒さで体が強張り安くなるこの季節、当院のカイロプラクティックを是非ご利用ください。