産後ケアの重要性

はじめに

産後はケアする習慣を付けてください

元気に生まれた赤ちゃんはとても可愛くて、両親はもとより、周りの友人や子供達を明るく幸せな気持ちにしてくれます。それゆえ、ママの心身の不調に対して、あまり関心が払われないことが多く、どこで誰に相談したらよいのか分からないまま、つらい日々を過ごす方も少なくありません。

楽しみにしていた育児だけど、赤ちゃんとの生活は想像以上に大変なことだらけで、何ひとつ大人の意志ではコントロールできない赤ちゃんを目の前にして、途方にくれる日々を送っている方もいることでしょう。睡眠もろくに取れず、ゆっくりお茶を飲む時間もなく、ずっと抱っこしていると肩はこるし・・・。

育児

ハッピーなはずの「子育て生活」がこんなに大変だとは誰も教えてくれなかったし、誰にも言いたくない。赤ちゃんが生まれて幸せでいっぱいな中、母となった体はまだ本調子ではなく、戸惑いも大きいのが「産後」という時期の現実です。

この機会を活かして自分自身の体にじっくりと向き合い、ケアする習慣を付けてください。そのことは新しい家族を持ったこれからの人生を、より豊かにしてくれることでしょう。

産後の体のケアが必要な5つの理由

理由その1:出産を乗り越えて傷ついた体を整える

体への負担は出産が終わるまでの辛抱だと思われがちですが、出産後の体は多大なダメージを受けていることを忘れないでください。

出産に伴い胎盤が剥がれた後の傷があることはもちろん、女性ホルモンの影響で骨盤周りの靭帯や筋肉が柔らかくなり、関節はグラグラな状態です。

そのような状態では、腰痛や股関節が起きやすく、子育てに集中できないこともありますので、しっかりとケアし、まずは体の回復を優先しましょう。

妊婦

理由その2:妊娠前よりも美しく健康になれるチャンス!

産後はホルモンバランスの急激な変化により体がリセットされたような状態ですので、この時期に体のクセやズレを改善することで、正しい筋肉の使い方、骨格の維持の仕方を覚えさせることができます。

産後のケアは美しく健康な将来につながりますので、新しい自分を手に入れるチャンスです。

産後の体のケアが必要な5つの理由

理由その3:赤ちゃんに100%の力で愛情を注げるように

産後は、体力・気力ともに消耗した状態。そんなエネルギーが枯渇している状態でも、無条件に赤ちゃんに愛情を与えようとすることは、母親としての本能と言えるかもしれません。しかし、深夜の授乳などで寝不足が続いたりして体が本調子にならないと、赤ちゃんを疎ましく思う気持ちが芽生えてしまうことも。

赤ちゃんは全身で全てを感じ取っていますので、その気持ちは赤ちゃんに伝わってしまいます。

つまり、産後の体のケアは、お母さんのためだけではなく、心からの笑顔で赤ちゃんに向かい合うためでもあるのです。

産後の体のケアが必要な5つの理由

理由その4:「仕事復帰への漠然とした不安」を「取り組むべき課題」に変える

出産で仕事を離れ、産後は社会から切り離されたような疎外感を感じる一方、赤ちゃんの世話だけでもこんなに大変なのに、仕事が加わったらどうなるの?と復帰が不安になるかもしれません。

子供の預け先、熱を出した時の対応、職場の理解など、不安要素がいっぱいだと思います。

さくらづか治療院 は、納得のいく形で仕事に復帰できるよう、健康面からのサポートを全力で行います。

産後の体のケアが必要な5つの理由

理由その5:大切な人と健全な関係を築き、絆を育むために

子育てからのストレスや睡眠不足、産後の腰痛などの不調があると「心のゆとり」がなくなり、身近な人への気配りや思いやりの心をなくしがちになります。

しかし、産後の弱った状態では、人とまともに対話することも大変なことですので、きちんとコミュニケーション取れるようになるためにも、母体の回復は必須と言えます。

子育ては一人だけではできません。周りの協力を得るためにも、まずは産後の体のケアを行いましょう。

産後の体のケアが必要な5つの理由