オフィシャルブログ

産後の骨盤矯正はいつから?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

当院では、産後の骨盤矯正で来られる方がとても多いのですが、その中でも一番多い質問は産後の骨盤矯正はいつからしたらいいのですか?という質問です。

msg_reason

 

一番いいとされているのは産後1ヶ月から6ヶ月以内です。なぜ6ヶ月以内がいいのかといいますと、妊娠中からリラキシンというホルモンが分泌され始めます。このリラキシンというのは、出産にむけて体のじん帯などを緩めていく作用があります。そうしなければ赤ちゃんが普通の状態の産道を通ってくるのはとても難しいので普段は固く支えているじん帯を緩めて出産を促しているのです。

そのリラキシンが産後分泌されているのでそこが産後の骨盤矯正のいい時期とされています。このリラキシンは骨盤周りのじん帯に作用しているわけではなく、体全体のじん帯などに作用しています。

この時期を利用して、妊娠前は関節が固くなっていて矯正できなかった場所も出産後は改善させるチャンスなのです。つまり母親も体が生まれ変われるよい時期(妊娠前からあった慢性的な腰痛や背中の痛みを改善させる)とされているので産後6ヶ月以内が骨盤矯正のベストな時期とされているのです。

といっても6ヶ月を過ぎてしまったから骨盤が閉まらないかというわけではありません。ただし早い程骨盤矯正がしやすいですからやはり早めの骨盤矯正をお勧めいたします。