オフィシャルブログ

脳出血の後遺症に対するリハビリマッサージ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
LINEで送る

脳出血とは簡単に言えば脳の血管が切れて、

脳内に出血したものです。

脳出血は突発的に発生し片麻痺を生ずるので、

リハビリの必要があります。

リハビリはなるべく早い時期から始めますが、

通常は病院でおこないます。

ある期間経過後は退院することになりますので、

自宅に戻ったあとのリハビリを考えなくてはいけません。

リハビリせずに放置すれば、関節拘縮が進むのみならず、

筋力低下、ADL(日常生活動作)の低下が進み、

介護をされるご家族やヘルパーの方たちの

負担が増大していきます。

したがって、継続的なリハビリを行い、

関節拘縮の改善、予防

筋力アップ、ADLの向上を目指すことがとても大切なんです。

継続してリハビリを続ければ、

関節拘縮の改善、筋力アップ、

起居動作の改善などにより、

介護する方の負担も軽減されますし、

ご本人の張り合いも出てきます。

脳出血あるいは脳内出血は、いわゆる脳卒中と言われる

脳血管障害の一つであり、障害の結果多くの場合「片麻痺」をきたします。

脳出血の後遺症と言える「関節拘縮」は片麻痺や歩行困難のため

関節を動かす機会が減るために関節が硬くなり、

関節可動域が制限されてくる症状です。

放っておくとカチカチになり、曲がりも伸びもしなくなってしまう

場合もあります。 介助する時も、身体が硬いと大変です。

 その関節拘縮の改善あるいは予防として最も効果的なのが、

訪問リハビリマッサージです。

 硬くなった筋肉をマッサージで良くほぐし、

拘縮した関節を丁寧に緩めて行きます。

麻痺しているため、継続治療が必要になるので、

訪問リハビリマッサージは最適です。