さくらづか治療院

さくらづか治療院(大阪府豊中市)整体・産後の骨盤矯正・訪問リハビリマッサージ

お知らせ

産後の骨盤矯正について

産後の骨盤矯正

出産後、体型が崩れた、体重が戻らない、体調を崩しやすくなった…
そんな声をよく聞きます。
実はこれ、骨盤の歪みが大きな原因のひとつとなっているのです。出産により、どんな人も骨盤に多大な負担がかかり、歪みが生じてしまいます。それによって運動量が減り、脂肪が付きやすくなったり、腰痛の要因となったりするのです。
そこで、今回は産後の骨盤矯正の必要性について考えることにしましょう。

 

1 出産による骨盤の歪み

妊娠し、おなかの中で赤ちゃんが成長していくことにより、骨盤はどんどん広がっていきます。もともと、女性の骨盤は出産に備えて男性よりも広く、位置は低めになっています。それがさらに広がるわけですから、当然腰周りは大きくなってしまいます。
また、赤ちゃんがおなかの中で元気に動くようになってくると、その動きによってさらに変形することになります。骨盤の歪みに伴い、仙骨と呼ばれるお尻の骨も歪み始め、骨盤全体の状態がかなり変わってしまうのです。
こうした骨盤の変化は妊娠期間が進むに連れて大きくなり、出産時に最も開くと言われています。特に大きな赤ちゃんを産んだ場合や高齢出産は、より歪みが強く出たり、元に戻るまで時間がかかってしまいます。
骨盤が開くのは、安全に赤ちゃんを産むための身体の大切な機能ではありますが、産後何年も開いたまま放置してしまうと様々な支障が出てきます。

 

2 出産で骨盤が歪むことによる弊害

出産で骨盤が歪んでしまうと、具体的にどのような障害があるのでしょうか?

① 太る!

まず最も多くの方が訴えることは、体型が悪くなってしまった、ということです。おなか周りや下半身に脂肪が付いてしまい、体重も増えてしまったと言う方が多くいらっしゃいます。
これは、出産により開いてしまった骨盤をそのままにしておくことが原因なのです。骨盤が開くと、運動量は減少、必然的に太りやすくなります。実際出産を経験した女性の大半が体型の変化を嘆いています。

② 脚まで歪む!

骨盤の歪みに伴って脚まで歪み、O脚やX脚になる恐れもあるのです。体重の増加と脚の歪みが重なれば多大な負担がかかり、将来的に膝を痛めてしまうことさえあります。
また、歪みは血液やリンパの流れまでもを悪くするため、老廃物が滞りむくみやすくもなります。

③ 腰痛!

骨盤が歪みは腰痛の原因にもつながります。さらに、子育て中は赤ちゃんを抱っこしたり、かがんで世話をすることも多く、ただでさえ腰に負担をかけることになります。
ですから、出産の負担で弱った腰はとても危険な状態となってしまうのです。

④ 他にもこんな症状が!

骨盤が歪むと、その周辺を覆う筋肉までもが衰えてしまうのです。そうすると、ある程度年齢を重ねたとき、尿漏れなどの症状を引き起こすことが懸念されます。
また、弊害が出るのは身体にとどまりません。実は、身体の歪みはメンタル面にも大きく影響するのです。骨盤が歪み身体に負担がかかると疲れやすくなり、精神的にもストレスに対応する能力が弱まってしまうのです。
出産によりホルモンバランスも変化するため、繊細な女性のココロはさらにナーバスになり、イライラしやすくなったり落ち込みやすくなるという症例もあります。

ただでさえ大変な出産、子育て。ココロもカラダもしっかりケアしてあげることが必要なのです!

くので、施術中もリラックスしながら確実に歪みを整えていけるのです。

 

3. おわりに

しっかり骨盤を整えれば理想の体型を維持することも可能です。骨盤を整えるメリットは単にきれいな体型を保つことにとどまらず、加齢とともに出てくる様々な症状を緩和することもできるのです。出産で骨盤の歪みが気になる方は豊中市のさくらづか治療院で「骨盤矯正」することをおすすめします!

大阪・北摂(豊中・吹田・箕面・池田)伊丹市からも多数ご来院いただいております。お子様連れでも無料託児付きですので安心してお越しください。

訪問マッサージ無料体験のお知らせ

 

さくらづか治療院(在宅訪問マッサージ あいのて)では、寝たきりや歩行困難な方を対象に在宅訪問マッサージの無料体験を行っております。これまで、在宅訪問マッサージに興味があったけれど、

 

■どんな人が来るのだろう?

■マッサージの効果はあるのだろうか?

■自分の体に合った施術を行ってくれるのだろうか?

■手続きは難しくないのだろうか?

 

など、さまざまな不安を抱えておられる方が多くいらっしゃいます。

そこで、当院では少しでも不安を解消して頂くために、はじめての方に限り無料で在宅訪問マッサージを体験して頂いております。手続きや施術の流れなどについては、無料体験時にご説明させて頂いております。

無料体験で満足いただけなかった場合は、もちろんそのまま止めて頂いて構いません。当院では、しつこい勧誘などは一切行っておりませんのでご安心してお試し下さい。

 

image16

 

在宅訪問マッサージの無料体験ご利用の流れ

(1)在宅訪問マッサージ無料体験のお申し込み

お電話にてお気軽にお問い合わせください。ご不安な点やご質問などもお問い合わせください。

無料体験申し込みお問い合わせ

0120-66-8290

 

(2)無料体験の実施

ご自宅にお伺いして、マッサージを行います。はじめに簡単な問診を行い、20分程度施術を受けていただきます。

 

在宅訪問マッサージを受けられた方の声

【豊中市 82歳 男性 脳梗塞後遺症】

脳梗塞で倒れてから、身体が思うように動かなくなりました。自分では通うことが出来ないので、訪問マッサージに来てくれてとても助かっています。スタッフさんの人柄もよく、いつも楽しくマッサージを受けています。

【吹田市 71歳 女性 脳梗塞後遺症】

在宅訪問マッサージというサービスがあることを知り合いから聞き、試してみました。マッサージはとても気持ち良く、保険も適用できるので嬉しい限りです。私以外にも、在宅訪問マッサージを知らない方もいらっしゃると思います。もっと、この制度が広まれば、助かる方も多いのではないでしょうか。

【箕面市 76歳 男性 パーキンソン病】

いつも気持ち良くマッサージをして頂いて感謝しております。マッサージだけではなく、関節の運動をしてくれるのでとても助かっております。

【池田市 80歳 男性 クモ膜下出血後遺症】

マッサージの後に関節運動をしてくれるので、痛みもなく動かすことができました。いろんな要望にも、嫌な顔せずに応えてくれるので、とても助かっています。

【伊丹市 77歳 女性 大腿骨骨折後】

はじめはどんな方が来るのか不安で、無料体験を行いました。とても感じの良い方が来てくれ、安心して訪問マッサージをお願いすることができました。腰の痛みがひどかったのですが、だいぶ楽になりました。これからもよろしくお願いします。

 

体の歪みと筋肉のコリ・痛み

 

骨盤がアンバランスな状態になっていると体のあちこちが不調になり、痛みが出てきます。

例えば骨盤が歪み、右に上がっている人がいるとしましょう。この場合、骨盤のすぐ上の背骨は左に曲がっていてバランスを取ろうとし、腰のあたりの背骨が右側に曲がります。

肩甲骨付近の背骨もバランスを取るため左へ。そして首の骨は右へと曲がっていくのです。この状態ですと、左腰の筋肉は引っ張られ、それを戻そうと常に緊張していることになります。

筋肉は使いすぎると老廃物である乳酸を発生します。それがコリとなり、そのうち痛みとなるのです。

また、反対側の右腰のあたりの筋肉は縮んだままの状態が続いているため、筋肉の伸縮運動が少なくなって固まってしまいます。肩甲骨の周りの筋肉も同じです。肩甲骨付近の右側の筋肉は、常に緊張し、それがコリとなってしまうのです。同じ理由から左首にもコリが発生するというわけです。

 

 

tsumiki2

 

日々の暮らしの中に歪みの原因があります。

どのような状態になると骨盤はゆがむのでしょうか?

左右の骨盤と、背骨が接続している部分である「仙腸関節」は筋肉で支えられていますが、その筋肉がゆるんだ時、それが骨盤がゆがむ時です。左右の筋肉が同じように働いていれば、左右のどちらかに引っ張られることがありませんから、骨盤は歪みません。

しかし、人々は毎日の暮らしの中で、筋肉のバランスを崩す動きをしています。

例えば脚を組んで座ること。この姿勢の時は、体をねじっているため、引っ張られている方の筋肉は元に戻ろうと緊張しています。つまり、いつも脚を組んでいると、引っ張られている筋肉は疲労してしまい、老廃物である乳酸を作り出します。それがコリとなって筋肉のバランスを崩してしまうのです。

リラックスと歪みの関係

緊張の連続は、骨盤のゆがみの原因になります。例えば、急いでいるときは、いろいろなところに力が入っていますから、体が緊張しています。したがってせっかちな人は、体の至る所の筋肉が緊張して疲労し、筋肉のバランスが崩れているはずです。

それが、骨盤のゆがみにつながってしまうのです。

また、常に何か物を食べている人。こういう人の内臓は、常に消化活動を行われなければならないため緊張しています。内臓が緊張しているときは、その周りの筋肉も緊張状態が続き、休むことが出来ません。それがさまざまな筋肉の疲労や、骨盤のゆがみにつながるのです。

さらに心配性の人。

この場合も注意が必要です。心配事があるときは、知らないうちに体に力が入っています。すると様々な筋肉は緊張し、それがコリとなり、骨盤のゆがみとなっていくのです。

ストレートネック

ストレートネックとは・・・

頸椎(首の骨)がまっすぐな状態(このことからストレートネックという名称がついています)、通常、頚椎は衝撃を吸収できるように前彎(首の骨は前方に緩やかなカーブを描いています)しています。しかしストレートネックの場合は頚椎の彎曲が損なわれてしまう為、負担が掛かりやすい構造になっている為に様々な症状を発症するようになります。代表的な症状としては首の痛み、肩コリや、手の痺れ、更には頭痛、自律神経失調症など、様々な症状を伴います。

近年はパソコンやスマートフォンなどで長時間の同じ姿勢、デスクワーク、運動不足(筋力低下)、慢性的なうつむき姿勢(背中を丸くして顔を下向き姿勢)を長時間取ることにより首のカーブが失われてストレートネックになってしまいます。特に女性の方は筋肉も少ないのと首の関節が柔らかいので首に負担が掛かりやすいともいえます。一般的にストレートネックの方は姿勢の悪さなどが影響して肩甲骨が外側に開き肩甲骨や肩周囲の筋肉が固くなってしまい肩や肩甲骨の関節の可動範囲も少ない状態です。姿勢が悪いので背骨のS字カーブも崩れてしまい、骨盤など身体全体的に歪みが出ている状態ともいえます。

身体の歪みを正しい位置に調整することで身体のバランスが整い姿勢が改善されやすくなります。その事で首や肩への負担(ストレス)も軽くなりますので、さくらづか治療院までお気軽にご相談下さい。まずは正しい姿勢を意識することが大切ですし、なるべく身体を動かすようにしましょう。

正しい姿勢について②

 

◆正しい姿勢のポイント

①正しい姿勢の状態を覚えること

②正しい姿勢を保てるだけの筋力をつけること

③日頃から正しい姿勢を意識して生活すること

☆正しい立ち方

壁を利用した簡単なチェック法を紹介いたします。

背中を壁にあてて立ちます。この時に、後頭部・肩甲骨・仙骨(お尻)・踵、が壁につく状態で腰と壁との隙間に軽く手が入るくらいが正しい姿勢の目安となります。

※腰と壁との隙間に、拳が楽に入ってしまうのは「出っ尻の状態」です。

※逆に、手が入らないようですと「猫背」の状態になります。

 

img011

 

さくらづか治療院では、現在の悪い姿勢やクセなどの状態に気付いてもらい、からだの状態を調整前と調整後の状態の違いを実感して頂きながら施術を進めていきます。施術後には、さらに詳しい正しい姿勢の方法や姿勢改善のエクササイズ、生活習慣上の注意点などもアドバイスしています。正しい姿勢の方が身体への負担もかからないので「痛み」や「コリ」などの症状で悩むことも少なくなります。姿勢でお悩みの方は当院までお気軽にご相談下さい。

 

正しい姿勢について①

 

成人の正常な脊柱(背骨)を側方から見ると、頸椎と腰椎では前方に軽く前方に彎曲(前彎)し、胸椎と仙尾部では軽く後方に彎曲(後彎)してS字状に並んだ背骨のアーチを描いて上体を支えています。

頚椎彎曲は頭を支えるスプリングの役割をもち、胸椎彎曲は心臓などの胸部内臓を保護するのによい形であり、腰椎彎曲は大幹と頭を支えるスプリングの役割をもち、仙尾部彎曲は骨盤内臓を保護するのによい形になっています。

このS字に並んだ背骨を腹筋や背筋で支えてバランスをとりながら立つ姿勢を保つことができます。運動不足や悪い姿勢などの生活をしていると、正しい姿勢を保つ筋力が低下して「猫背」や「出っ尻」など姿勢の崩れがでてきます。無意識に悪い姿勢を続けることによって身体が歪んでしまい身体への負担が強く掛かりますので「肩こり」や「腰痛」の原因にもなってしまいます。

 

 

猫背(骨盤後傾)・・・猫背は大腰筋、脊柱起立筋などの筋力が弱いために骨盤の後傾が原因。背骨のS字カーブが少なく腰がまっすぐ気味で、肩が内に入ってしまい、肩甲骨が外方に開いた状態になり、顔(顎)が前に突き出ます。全身がダラッとしてしまい、下腹部が前の方にでています。首や肩、腰への負担が掛かり肩こりや腰痛の原因にもなります。

 

 

出っ尻(骨盤前傾)・・・出っ尻は、腹直筋や大殿筋などの筋力が弱いために起こる骨盤の前傾が原因。一見すると胸を張り、お尻がアップした良い姿勢に見えますが、実際は背骨の力だけで体重を支えている悪い姿勢です。腹筋を使っていないので下腹部もポッコリ出てしまいます。腰にストレスが掛かりやすくなるため腰痛の原因にもなります。

 

自律神経について

 

緊張して呼吸が浅くなる。お風呂に入って息を吐く。お腹の調子が悪くなる。
など、日々の生活で呼吸や体調に関して起こるさまざまなこと。これらには、自律神経の働きが深く関わってきます。

自律神経とは?
自律神経は生活する上で必要となる循環、呼吸、消化、発汗・体温調節、内分泌機能、生殖機能、および代謝のように自分でコントロールできない機能の制御を行います。

自律神経には活動している時、緊張している時、ストレスがあるときなどに働く「交感神経」と、休息している時、睡眠している時、リラックスのときなどに働く「副交感神経」の2つがあります。

この2つの神経は日々シーソーのように交互に優位になるよう働きます。
例えば、「交感神経」の優位な状態が続くと「副交換神経」の働きは弱くなります。

交感神経と副交感神経の違い

つまり、「交感神経」が優位になると血圧が上昇する、胃腸の働きが弱くなり呼吸が浅くなるといったことが起こり、逆に「副交感神経」が優位となると血圧が下降する、胃腸の働きが活発になり呼吸が深くなるといったことが起こります。

 

「交換神経」が優位な状態が続くと?!
日々の生活で「交感神経」及び「副交感神経」のどちらかが一時的に優位になることがありますが、いづれかが優位な状態がずっと続くと身体に様々な影響が出てきます。

例えば交感神経が優位な状態が続くと・・・

血管が縮んだ状態となる。
⇒体に栄養・酸素・体温が全身に行き渡らない。
⇒疲労物質や老廃物が排出されにくくなる。
⇒疲労が抜けず、疲れや不調を抱える。
⇒身体の不調自体がストレスとなり、さらに交感神経が優位になる。

という悪循環に陥ります。

 

「交感神経」が優位になる原因は?
「交感神経」が優位になる原因は人間関係、パソコン、不規則な食生活、食品添加物、睡眠不足、テレビ、ゲーム、蛍光灯の光など様々なストレスです。

そこで、「副交感神経」の働きを優位にするには、緊張を取ることが大事になります。具体的な方法としては入浴や深呼吸、美味しい食事そして、凝り固まった筋肉をほぐし血行を良くすることなどあります。もちろん、当院で行っているカイロプラクティックを行うことで筋肉も緩ませることができます。

筋肉が緩むことで血行がよくなり

⇒疲労物質や老廃物が排出されやすくなり
⇒身体に栄養・酸素・体温が全身に行き渡る
⇒身体の疲労が取れる

という循環が起こり副交感神経を優位に働きかけることができます。

 

寒さで体が強張り安くなるこの季節、当院のカイロプラクティックを是非ご利用ください。

 

産後の骨盤矯正はいつから?

当院では、産後の骨盤矯正で来られる方がとても多いのですが、その中でも一番多い質問は産後の骨盤矯正はいつからしたらいいのですか?という質問です。

msg_reason

 

一番いいとされているのは産後1ヶ月から6ヶ月以内です。なぜ6ヶ月以内がいいのかといいますと、妊娠中からリラキシンというホルモンが分泌され始めます。このリラキシンというのは、出産にむけて体のじん帯などを緩めていく作用があります。そうしなければ赤ちゃんが普通の状態の産道を通ってくるのはとても難しいので普段は固く支えているじん帯を緩めて出産を促しているのです。

そのリラキシンが産後分泌されているのでそこが産後の骨盤矯正のいい時期とされています。このリラキシンは骨盤周りのじん帯に作用しているわけではなく、体全体のじん帯などに作用しています。

この時期を利用して、妊娠前は関節が固くなっていて矯正できなかった場所も出産後は改善させるチャンスなのです。つまり母親も体が生まれ変われるよい時期(妊娠前からあった慢性的な腰痛や背中の痛みを改善させる)とされているので産後6ヶ月以内が骨盤矯正のベストな時期とされているのです。

といっても6ヶ月を過ぎてしまったから骨盤が閉まらないかというわけではありません。ただし早い程骨盤矯正がしやすいですからやはり早めの骨盤矯正をお勧めいたします。

冷え性を改善

寒くなってきましたね。

体が冷えると免疫機能が低下して風邪を引きやすくなります。また、冷え性が原因で血行が悪くなり腰痛・頭痛・肩こりなどを引きおこします。病気の前兆のサインである場合もあるので気をつけましょう。

冷え性による悪影響は、まだまだたくさんあります。

様々な影響が出る前に、冷え性を改善していきましょう。

 

冷え性改善のポイント

 

1. 体を温める食べ物をとる
体を温める食べ物は「物理的に温かい」「寒い地方・季節にとれるもの」です。逆に体を冷やすものは「物理的に冷たく」「砂糖を含んでいて」「温かい地方・季節にとれるもの」です。

特に気をつけたいのが清涼飲料水。今は自動販売機で簡単にジュースが買えてしまいます。冷たく、糖分がたっぷり入っているものも多いので気をつけましょう。 また、刺激のある食べ物は体を温めるので、ねぎ・しょうが・ハーブ・唐辛子などをうまく利用しましょう。

 

2. 規則正しい睡眠

睡眠をとることによって体をリセットすることができます。
自律神経のバランスにも関わってきます。自律神経のバランスが崩れて交感神経が優位になると血管が縮んでしまうので血行が悪くなります。

 

3. 足を温める

足は心臓から一番遠いところにあるため、血行が悪くなりやすく冷えやすくなります。足湯をしたり、足の指が動くように5本指ソックスを履いてみましょう。

 

4. 合っていない靴、きつい下着はつけない

皮膚の温度センサーが圧迫されて機能しなくなると寒いと感じない状態になります。体が寒いと感じるから体が寒さに対応しようと動くのです。合ってない靴は 指が動かないので足の冷えにもつながります。特にきついガードルは太ももの付け根を圧迫してリンパの流れを止めることがあります。

 

5. 体を動かす
運動すると血流はよくなります。また、筋肉量が増えれば基礎代謝が上がるため体温があがります。血流は心臓だけで循環しているわけではありません。手や足 の筋肉を動かすことによってポンプの作用で心臓に戻しています。筋肉がしっかりしていて伸び縮みしていると血流がよくなります。筋肉が伸び縮 みするためにはストレッチもやりましょう。

 

以上、冷え性を改善するポイントを5つ紹介しました。

でも、もっとも大切なのは・・・
「続けられるかどうか?」です。

体質を変えるためには筋肉をつけるのに3ヶ月はみましょうといわれるぐらいです。3日坊主にならないように続けていきましょう。

セルフケアで足りない部分、特に姿勢やゆがみが原因で冷え性になっている場合はカイロプラクティックでからだを整え冷え性を改善しましょう。

 

冷やす? 温める?

 

身体に痛みがある場合に、家庭でできる処置としては

大きくわけで2つあります。

一つは患部を冷やすこと。
もう一つは、身体を温めることです。

このどちらかを行えば、痛みは少しずつ緩和されてくることでしょう。

しかし一つ問題があります。

普通の人だと、その痛みを冷やすべきか温めるべきか、

わからないことが多いです。

冷やすべき時に温めると逆効果ですし、温めるべき時に冷やすと逆効果です。

今回は、どのようなときに冷やすべきか、温めるべきかをご紹介します。

 

冷やすべきとき、ケガ・炎症など

冷やした時が良い場合は、ケガや炎症の場合です。

この場合は名前の通り炎のように熱く熱を持ち始めます。

熱があると痛みが激しくなります。

なので冷やすことで熱を抑え、痛みも抑えていくのです。

炎症は、捻挫・打撲・脱臼・挫傷・骨折などの場合です。

 

温めるべきとき、筋肉疲労

温めた方が良いのは、筋肉疲労による痛みの場合です。

筋肉の硬縮・コリが原因で痛みが出る場合は、温めれば痛みが緩和されます。。

肩こり・背中の痛み・首こり・腰痛などの関節痛などなどに効果的です。

しかし、もし腰が痛いとき、温めたら逆に痛みが出たら・・・

それはただの腰痛ではなく、ヘルニアだったりするかもしれませんので

診てもらった方が良いでしょう。

 

家庭で冷やしたり温めたりして処置しても、

痛みの原因に対処できているわけではありません。

あくまで対症療法です。

なので痛みが少しひいてきて動けそうになれば、

治療院で原因をしっかり対処してください。

インターネット特別割引!!
はじめての方へ
産後の骨盤矯正
訪問リハビリマッサージ
訪問リハビリマッサージ/在宅 無料体験
お問い合わせ
患者様の声


ご予約優先となります
大阪府豊中市中桜塚2-20-10
サンリッチビル2F
電話:06-6855-8290
詳しくはこちらをクリック
さくらづか治療院/外観写真
予約優先/06-6855-8290
お知らせ